ブランク看護師 就職支援セミナー

老健では急変やステルペンなどはありますか?

私は老人健康施設で働いています。

 

老健というのは、ご利用者様が在宅復帰出来るように支援する施設です。
高齢者という事もあり、多くの方が基礎疾患を持っています。
その為、たとえ慢性期の疾患の方が対象になっていると言っても、急変はいつでも起こる可能性があります。

 

体調を崩したからといって、自宅に戻る事は難しいですし、現在では、病院の受け入れもとても厳しくなっています。
病状によっては、たとえ瀕死の状態でも、施設に返される事が多いんです。
脳出血など、急変時の検査でわからない場合も、返されてしまいます。

 

施設には、常勤の医師がいる為、病院にこなくても施設で何とか対処してほしい、という言い分もあるようです。
しかし、いくら医師が常勤しているといっても、病院とは全く違います。
しょせん施設なので、医療設備も整っていませんから、施設で出来る処置というのは、限られてしまいます。

 

このように、病院での受け入れ拒否が多くなった分、ステルペンも増えましたね。
病院で受け入れてもらう事ができないのならば、施設で対応するしかありません。
最近では、最期の看取りをせざるを得ない状況となっています。

 

その場合には、ご家族様のご意向が重視されますから、トラブルを防ぐ為にも、必ず話し合いの場を設けています。
体調が不安定や、思わしくないご利用者様がいた場合には、スタッフとご家族様とが話し合い、
ご家族様の意向を確認しています。

 

そのような状況からも、かなり特養化が進んでいると言えると思います。

 

老健で働いている私達看護師は、急変やステルペンが、いつ起こってもおかしくない、という状況をしっかりと頭に入れながら、
毎日、ご利用者様の看護をしています。