ブランク看護師 就職支援セミナー

老健はブランクが長い方、経験が短い方でも働きやすいですか?

介護施設というのは、病院に比べると医療行為が少ない為、仕事内容もハードではありません。
その為、看護師の経験が短い方や、ブランクのある看護師が、施設での勤務を希望する場合がとても多いようです。

 

しかし、実際の仕事内容を経験してみると、決して楽とは言えませんね。
その理由は、施設の看護師は、ご利用者様の全身の状態全てを観察し、急変などが起きた時の為に、
常にいろいろな予想を立てて看護をしなければならないからです。

 

特に、夜勤の時には、看護師は一人しかいませんから、急変があった時や、体調不良の時には、
自分一人で対処しなくてはいけません。
その為、看護師としての知識と経験が強く求められます。

 

自分の判断や対応によって、ご利用者様の命が左右されるのですから、わからない、気がつかなかった、では許されません。

 

老健にはドクターが常勤しているんですが、全てを任せている訳ではありません。
まずは看護師がご利用者様の状態を観察し、施設内で対応ができるかなど、判断をした上で、ドクターに報告をしています。

 

イメージしていた業務内容とは違い、実施に働いてみると、責任感がとても思い事がわかり、経験の浅い方や、
ブランクの長い方が、すぐに退職していく事も少なくありません。

 

しかし、いくら経験が浅くても、ブランクが長くても、本人のやる気さえあれば、いろいろな知識や技術を身につける事ができます。
それに、周りの看護師や、介護士も、協力してくれます。

 

介護施設の中でも、老健は医療に近い施設なので、仕事が楽だから、といった理由で施設での勤務を希望すると、
失敗する可能性があると思います。
いくら施設とはいっても、医療技術や知識はある程度必要になってきます。