ブランク看護師 就職支援セミナー

老健ではどのような医療行為

老健で行われる医療行為というのは、痰吸引、酸素投与、投薬、カテーテルの挿入や交換などです。
介護施設によって、その機能は様々なんですが、老健は施設医が常勤している為、いろいろある介護施設の中でも、
医療行為は多くなります。

 

老健に入所すると、施設医が主治医となり、ある程度の体調不良は、施設内で対応をしています。
しかし、施設は、病院のように医療設備が整っているわけではないので、施設内で行う事ができる医療行為には限りがあります。

 

老健というのは、リハビリなどを行い、在宅復帰するのを支援する施設なんですが、実際はそれだけではありませんね。
特養申請が受理されるまでの繋ぎとして利用させる方も沢山います。
そのような方々は、在宅介護が難しい為、老健に留まっている、といった現状があります。
その為、急変やステルペンも多いのが実状ですね。

 

施設内で行う事ができる検査は、限られている為、それ以上の詳しい検査が必要な場合は、病院で受診を行っています。
しかし、検査の結果、入院が必要な状態であっても、ベットが満床だったり、入院適応外と言われる事も多く、
施設に戻り、様子見となる場合が多いんです。

 

実は、老健では、採算が取れていない事もあり、施設内での医療行為は、あまり望まれるものではないようです。
すべて施設の負担となってしまう為、医療行為が多くなればなるほど、施設の負担が多くなってしまいます。

 

施設を運営していく為には、仕方のない事なのかもしれませんが、そのような実状を知ると、
何だかやりきれない思いになる事があります。

 

人の命が関わっていますから、働いている看護師の私達は、ご利用者様に、出来る限りの看護をしていきたいと思っています。